【来場御礼】三条楽音祭2019終了しました!

三条楽音祭2019、無事に開催終了しました!!

今年の三条楽音祭は常設ステージの完成を祝うように、奇跡的に準備、本番の前日・当日だけ晴れ◎
たくさんのお客さんが来てくれて、たくさんの笑顔を見せてくれて、運営スタッフも感無量でした!!
 
今年の三条楽音祭の来場者数は3400人!!
多くのみんなに見守られ、常設ステージを華々しくデビューさせることができたこと、本当に嬉しいです!
 
ご来場のみなさん、楽音祭を楽しんでいただき、ありがとうございました!
 
出演者のみなさん、最高に盛り上がるライブと最高に気持ちいいラウンジDJをありがとうございました!
 
出店者のみなさん、楽音祭という日の空気感とピースフルな空間を作っていただき、ありがとうございました!
 
音響・照明の洋琴舎さん、デコレーションのpocくん、ステージを素敵に飾り上げ、素晴らしい音楽を届けていただき、ありがとうございました!
 
協賛各社のみなさん、三条市役所のみなさん、ここに至るまで大きな力でバックアップしてくれたみなさん、ありがとうございました!
 
中浦ヒメサユリ森林公園のみなさん、周辺地域のみなさん、優しい笑顔で僕らに大きな安心を与えてくれて、ありがとうございました!
 
そして、イベント開催まで半年間以上、仕事の合間を縫い、時には睡眠時間を削り、コツコツとイベントを作り上げてきた三条楽音祭スタッフに賛辞をお送り頂けると幸いです!
 

RIP 中浦ヒメサユリ森林公園管理人 佐藤善次さん(おっちゃん)

最後に。
常設ステージの建設に多大なる力添えを頂き、実行委員会だけでなく、あの会場を使う多くの人々に、すごく大きく深い愛で接してくださった、中浦ヒメサユリ森林公園管理人、おっちゃんに深く哀悼の念と、目一杯の感謝を捧げます。
ありがとう、おっちゃん。

【最後の大ニュース!】中浦ヒメサユリ森林公園に常設ステージ誕生!

今年一番の大ニュース!

今年の三条楽音祭開催前、最後のニュースになります!
ななななんと!今年、三条楽音祭会場の中浦ヒメサユリ森林公園に常設ステージが誕生しました!!!

今まで10年間、続いてきた三条楽音祭。
その歴史とこれからはもっと多くの人に会場でイベントや催し物を開いてほしい、という管理人さんの想いが実を結び、今年8月21日、晴れて中浦ヒメサユリ森林公園常設ステージが完成しました。

三条楽音祭は記念すべきこけら落としのイベントに!

そして、明日、三条楽音祭が開催されますが、これが常設ステージ第一回目のイベントとなります。
もちろん、スタッフはワクワクが止まりませんが、是非!会場にお越しのすべての方に常設ステージの完成を祝っていただきたいと思っております!

心配されていた天気予報も、常設ステージを祝福するように、雨がぴたりと止まり、晴れ予報!

今日も準備は順調に進み、明日、みんなの前に常設ステージが披露される瞬間を今か今かと待ちわびてます!

2019年9月1日、三条楽音祭。
中浦ヒメサユリ森林公園でお会いしましょう!!!

【動画あり!】特別協賛企業のご紹介

いよいよ三条楽音祭開催直前!
今年は7社の特別協賛企業様、35社の協賛企業様に多大なるご支援を頂き、ここまで準備を進めることができました。

ここでは特別協賛企業様について紹介ムービーと文章でのご紹介です。
職人の街を牽引する、こだわりと情熱を持った素晴らしい各企業様です。
ぜひ、ご覧ください!

EBM 江部松商事 株式会社

EBM江部松商事は「美味しい・楽しい」をお手伝いする調理道具の総合商社。
鍋やフライパンといった調理道具から、グラス・お皿・スプーンなどホテル・レストランで必要な商品を取り揃えお店に食べに来るお客様の「幸せの時間」をサポートする会社です。

株式会社 大泉物産

大泉物産は、KAY BOJESEN(カイ・ボイスン)、ICHIなど、世界が認めるカトラリーの製造を行う新潟県燕市の金属加工メーカーです。
“新潟県を流れる日本一長い大河「信濃川」も、その源流にあるのは、スプーン1杯にも満たないせせらぎです。大泉物産も、同じように現在は小さな1杯のせせらぎであったとしても、いずれは大河となり得るよう、地下から湧き出る泉のように弛まず、努力を怠りません。” 大泉物産様の想いを映像として表現した、美しい映像をご覧ください。

株式会社熊市/株式会社カンダ

神田熊市商店の名義で、ざるやたわし、竹細工等の日用品を販売する荒物屋としてスタートした老舗総合商社、株式会社カンダ。
自社商品の開発に力をいれる際、創業時の神田熊市商店の想いを受け継ぎ、ブランド名を「KANKUMA」と名付けました。そのブランドマークには、燕で一貫生産する・伝統に感謝するという意味が込められています。
そんなカンダが新たに始めた、2019年6月に約1,500点もの調理器具を揃えた専門店「High Grade Store」。
調理鍋やフライパン、カトラリーまで料理をする際に必要な器具がずらっと並んだ店内は圧巻かつハイセンスな空間。店内にない商品は数万点の商品が保管されている倉庫から取り寄せて、その場で購入することも可能です。

株式会社 シゲル工業

株式会社シゲル工業は、長年培っていたノウハウを生かし、理美容鋏や工業用刃物、家庭用刃物などの製品開発・製造を行う、刃物造りのプロフェッショナル。
シゲル工業のスピリッツは『機械屋』である事。理美容鋏中心の製造ラインに機械屋スピリッツを詰め込んで、機械好きだから出来る事を探し、決して挑戦し続けることを諦めません。

株式会社 新越ワークス

新越ワークスの事業は、大きく分けて3つ。金網などの業務用厨房向け製品を開発する「スリースノー事業部」、LPG燃料器具を中心にアウトドア器具の開発を担う「ユニフレーム開発部」、そして環境整備や新エネルギーの技術開発をする「エネルギー事業部」。
そのすべては金網から始まりました。若い力とともに質を追い求める新越ワークスのものづくりに対する姿勢をご紹介。

株式会社 タカヒロ

「バリスタ世界チャンピオンが認めた美しすぎる究極のドリップポット」
40年以上にわたり、ステンレスの加工を続けてきたタカヒロ。スプーンやフォーク、ざるや鍋など様々なステンレス製品を製造して培ってきた技術の結晶。それが多くのバリスタに愛されるドリップポットです。
誇るべき技術に裏打ちされた至高のドリップポットで淹れる珈琲は、ひと味もふた味も違う、極上のコーヒータイムを演出してくれます。

株式会社 ワクイ

暮らしと環境に貢献する開発型企業「株式会社ワクイ」。 金属加工が盛んな新潟県燕市で業務用から家庭用まで幅広い製品の板金加工・製品製作・販売を行う会社です。ステンレスや鉄を曲げて組み合てられるものであれば、作れないものはほとんどありません。
そんなワクイの技術に憧れて、今春入社した若者、山崎くんは毎朝6:30に出社するがんばり屋さん。
将来の夢は「会社で一番大きな75kgの寸胴鍋を『山崎くんに任せておけば大丈夫』と言ってもらえるようになること」。
そんな山崎くんにフィーチャーした、この地方の未来に一筋の光と夢を感じる映像です。

【大事なお知らせ】ステージタイムテーブル発表!

三条楽音祭2019、出演時間決定!

長らくお待たせいたしました!
今年の三条楽音祭、出演時間が決定しました!


今年は悩みに悩みましたが、

<メインステージ>
01 SWAMP&本寺小路ボウイズ
02 GOOFY KINGLETS
03 英心&The Meditationalies
04 思い出野郎Aチーム
05 HEI TANAKA
06 TAMTAM
07 NABOWA

の順で決定いたしました!

また、今年新設のカフェエリアではライブの合間に地元セレクターによる極上の音楽ラウンジをご用意!
更にライブペイントやキャンドルタイムもあるので、こちらも見逃せませんよ!

<カフェエリア>
– DJ –
01 BACK TO BACK
02 Igarashi
03 LIGHT-ON SUPER-DISCO
04 KING DUBBY I
05 echo (伊藤/RIPPER/ハル)
06 BACK TO BACK
– CANDLE –
LMF
– LIVE PAINT –
んぱのもり

11年目の三条楽音祭、思いっきりお楽しみ下さい!

バスに乗り遅れることなく、会場までお越しくださいね!

タイムテーブルはこちら

【大事なお知らせ】バス時刻表発表!

大変長らくお待たせいたしました!
三条楽音祭に向かう一日限りのシャトルバス、時刻表が決定いたしました!

改めてご説明!三条楽音祭は車で来れません!

三条楽音祭の会場には一般のお客さまが停められる駐車スペースがありません!
会場準備や機材車、出店車両・関係者車両で駐車場はいっぱいいっぱい。
当日の運営に支障をきたさぬよう、申し訳ございませんが、会場までは当日限定の臨時シャトルバスを使ってお越しいただく必要があります。

無理やり来ようとしても途中、警備員が立ってるので残念ながら結局駐車場まで引き返すことになります。
それと、路駐されると(めっちゃ三条楽音祭にご協力頂いている)近隣住人の皆様にご迷惑をおかけすることになってしまい、三条楽音祭への理解とご協力が得られなくなっちゃうかもしれません。

重ね重ね、お車でのご来場は絶対にお止めください!

臨時駐車場から出るバスで、会場までは15分くらい!

不便をおかけしちゃうから、少しでも多くのお客様が来れるよう、会場がある下田地域に4ヶ所の臨時駐車場を設置します。
臨時駐車場に車を停め、シャトルバスに乗り換えて会場までお越し下さい。
どの駐車場からも約15分〜20分ほどで会場まで行けるので、ご安心あれ!
途中、下田地域の田園風景や小川のせせらぎは、ほんと、綺麗です。
ちょうど収穫の時期とも重なるので、新潟の一番いい景色を堪能できますよ!
(運転手さんも三条市の職員さんが休日返上で運転してくれてます!乗る時と降りる時は感謝の気持ちをお伝え下さい!)

臨時駐車場のご案内

さて、4ヶ所の臨時駐車場の住所は以下の通り。

①三条市役所 下田庁舎正面玄関【約200台】
 →三条市荻堀830番地1
②飯田小学校正面玄関【約150台】
 →三条市飯田1000番地1
③ウェルネスしただ【約50台】
 →三条市飯田1029番地1
④ヒメサユリの小径駐車場【約160台】
 →三条市森町840周辺

※②と③は同じバス停からご乗車頂くことになります。

遠方から起こしの方は駅からもバス、あります!

また、JR燕三条駅と東三条駅からのシャトルバスも運行しているので、新幹線や電車をご利用のお客さまもバスで会場までお越しいただけます。

燕三条駅まで新幹線や在来線で起こしの方は、三条口出てすぐのタクシーロータリー入口あたり。
東三条駅まで在来線で起こしの方は北口でバスをお待ち下さい!

三条市内の方は市役所便がおすすめ!
会場からは温泉行きや道の駅便も!

地元のみなさま、便数は少ないですが、三条市役所 第二庁舎 厚生福祉会館脇市内巡回バス停からもバスが走ります。
市内の方は、会場でお酒を飲んで、バスで帰ってふらっと徒歩でお帰りいただくのも乙かもしれませんよ〜!

更に、会場近くの温泉「いい湯らてい」や道の駅「漢学の里」にふらっと遊びに行けるバスもあります。

是非、三条楽音祭を遊びつつ、下田観光もお楽しみください!

<注意事項>
  • 会場にはお車でお越しいただけません。必ず、バスをご利用ください。
  • バスは運行状況や天候によっては運行間隔が想定よりも開く場合がありますので、予めご了承ください。
  • 会場から燕三条駅に向かう東京方面行きの新幹線終電に合わせた直行便は東京方面に新幹線でお帰りになられる方を優先的にご乗車いただきます。予めご了承ください。
  • シャトルバスは立ってご乗車出来ません。乗ろうとしたバスが満席の場合は次のバスが来るまでお待ち下さい。

バス時刻表・駐車場案内はこちら

ART/SHOW/CAFEページ公開!

今年もようやく音楽以外で三条楽音祭を温めてくれるアーティスト、パフォーマーを紹介できることと相成りました!
ちょいちょい発表してるけど、実は今年、ひめさゆり森林公園に常設ステージが完成します!
そのため、今年の三条楽音祭は常設ステージこけら落としのイベントとして開催。
(発表が例年より遅いのも、微調整が重ねってまして…すいません〜)

そんなステージのこけら落としに加え、新設カフェエリアを盛り上げてくれる、4組のアーティスト、パフォーマー、MCをご紹介します!

時間と共に刻一刻と変化するデコレーション

近年の三条楽音祭ではおなじみになった、三条の折り紙造形家、poc(a.k.a con)による半透明の素材を使った立体造形デコレーションが今年もお目見え!
時間の移り変わりと共に夕陽や照明で変化するステージの雰囲気は三条楽音祭の大きな見どころのひとつです!

毎年恒例!地元キッズダンサーズ

今年ももちろん、スタジオ・エフのキッズダンサーズによるダンスの時間もあります!毎年、大きな大会への出場を目指す、精鋭キッズが三条楽音祭のステージ前でダンスを披露。
大人顔負けの躍動感と迫力は必見!見逃さないでね!

今年はバンドでの出演も!安定の男前MC!

もはや三条楽音祭レギュラーメンバーとなった感も久しい、MCはSWAMP
今年は本寺小路ボウイズとしても出演する三条出身のSWAMP。
三条楽音祭直前に完成する常設ステージのこけら落としを祝って、例年に増して、パフォーマンスに、MCに会場を盛り上げてくれるはず!
主催者はマニアックな視点でラジオパーソナリティとして鍛えた抜群のタイムキープ感に驚嘆&大感謝しています◎

目で見て楽しむライブペインティング

今年新設のカフェエリアは、珈琲やスイーツを食べながらゆっくりと三条楽音祭を楽しめるスペース。
先日発表になったらDJによる心地よい音楽に加え、ぬいぐるみ作家兼アーティストんぱのもりの可愛くてほっこりするライブペイントが初登場。
子供に向けてぬいぐるみの販売もあるかも。

カフェでは珈琲を飲みながら音楽を。

そして、もちろんカフェエリアにも特設DJブースを設置します。
ステージ前の熱気とはひと味違う、カフェラウンジでの音楽の楽しみ方。
友人同士、恋人同士で写真を取ったり食事をしてお話したり、子供たちが自然の中で遊ぶ中、束の間の夫婦だけの時間を楽しんだり、昼間に現れたクラブで身体を揺らしてみたり。
そんな環境を長岡の「越後文化的商店たつまき堂」が準備してくれました。
更にDJも県内で活躍する多種多様なセレクターが集まります。

夜のチルタイムを演出。LMFのキャンドル!

そして、夕暮れ時の暗くなる時間。
カフェに更なるチルタイムを届けてくれるのが、キャンドル作家「LMF」です。
カフェエリアのテントの下、少しづつ灯されるキャンドルの柔らかな光に包まれて、一日の余韻を噛みしめるように音楽に満たされた一日を締めくくってください!

ART&SHOW 一覧

観光情報ページ公開!

日曜日開催の三条楽音祭だからこそ…

三条楽音祭にご来場の皆様、三条楽音祭は日曜日開催です。
…ということは、前日の土曜日はキャンプイン、旅館宿泊、ゲストハウス宿泊してもらって、前日は三条市を中心に新潟県県央エリアを存分に楽しめる!
いや!楽しんでほしい!!
(無料フェスだし、ご来場のみなさまにおかれましては…ちょっとでいいから地元にお金落としていってほしい!)

そんな想いで、三条市や燕市を中心に新潟県県央エリアの宿泊情報・滞在情報・グルメ・キャンプ・ショップ等をまとめる観光情報ページをリリースしました!

随時更新&掲載依頼も受け付けます◎

もちろん、始めたてで全然情報も網羅出来てないけど、年を経るごとに充実したコンテンツにしていくために、三条楽音祭開催前も終演後も年間通して観光情報をアップしていけたら、と思ってます。

まずは最小限のコンテンツからのスタートですが、みんなが三条楽音祭に来た時に存分に下田を、三条を、県央を遊び尽くしてくれるよう、ちょっとずつ内容を更新していこうと思います!
ぜひご覧ください!!

観光情報一覧

もちろん、うちの情報も掲載してほしいんだけど、っていう県央エリアのみなさま、掲載依頼も受け付けてます◎
もしも掲載ご希望であればこちらまでご連絡くださいませ。
三条楽音祭掲載依頼:rakuonsai.kanko@gmail.com

※スタッフが少ないため、全て掲載できるとは限りません。
※文章や写真をご提供いただければ掲載が早まる可能性大です。
※三条楽音祭に来るお客様にここにしか無い情報を提供したいため、チェーン展開している店舗様や店舗内容によっては掲載をお断りする場合がございます。予めご了承ください。

協賛企業各社さまのご紹介!

今年もいよいよ三条楽音祭の開催が近づいてきました!
三条楽音祭が毎年、無料で開催し続けることができるのは、三条市、関係者のみなさまのご協力はもちろん、様々な形でいつもご支援頂く協賛企業さまのおかげです。
今年も多くの企業さま、店舗さまにご支援いただくことができました。
本当にありがとうございます!

三条楽音祭にお越しのみなさまへ

三条市・燕市を中心とした新潟県県央地域は、金物加工が全国的に有名な地域です。
その県央地域の礎を築いてきた老舗企業様から新たな息吹を感じさせる新興企業様まで、魅力的な企業様から三条楽音祭はご支援頂いて開催し続けています。
ぜひ、イベントにお越し頂く前に、協賛企業一覧ページからどんな企業が県央地域にあるのか、見てみてください。
知ってる企業や意外な企業があるかもしれません。

また、新潟市からは「阿部農園」様、長岡市からは「パーマーク」様・「たつまき堂」様・「龍穏院」様、見附市からは「やーまん酒家」様・「佐野酒店」様と、県央地域以外の地域からのご支援いただきました。
こちらも、こだわりのお店や農園、歴史あるお寺からのご支援です。

三条楽音祭は日曜日開催。
協賛各社の中には、店舗様はもちろん、お店を構えている企業様も多々あります。

協賛企業・店舗様のご協力あっての三条楽音祭です。
土曜日はぜひぜひ新潟観光を楽しんでから、日曜日を迎えてください!

協賛企業一覧

出店店舗・ワークショップ決定!

今年の三条楽音祭のワークショップと出店する店舗が決定!
今年はワークショップが4件、出店店舗は34店舗となりました!

飲食では地元の本格料理店から全国各地のケータリングカーまで。
物販では旅する移動式店舗からオーガニックにこだわった一級品を取り扱う店舗まで。
多彩なお店がずらりと並びます!

ワークショップでは、昨年に引き続き、(有)永塚製作所の廃材を使ったミラーボールづくり、更に好評だったベーゴマ体験も実施決定!
もちろん、毎年おなじみのジャンベ体験やボクシングワークショップも!

たくさんのワークショップでどれに参加しようか迷うばかり!
いや、迷ったら、全部体験してみてください!

一日だけのお祭りなのに、一日では楽しみきれないお楽しみがたくさん!
どの出店も、どのワークショップも楽しめること間違い無しなので、是非、色んなお店に足を運んでみてくださいね!  

ワークショップ・出店店舗一覧

出演DJ発表&カフェエリア新設のお知らせ!

今年の三条楽音祭は天気が良ければ暑さを凌ぎ、天気が悪ければ雨を避けれるよう、みんなで座って珈琲やスイーツを楽しめるカフェエリアを新設いたします! キャプテンスタッグ様に全面協賛頂き、テントや椅子やテーブルも完備! 夜にはキャンドルが灯され、終日、違う表情を魅せてくれるカフェエリアは三条楽音祭の新しい人気スポットになるかも…!
もちろん、三条楽音祭なので、カフェエリアでも音楽は欠かせません!

今年は毎年ステージ前に設置していたサウンドシステムを試験的に設置せず、カフェエリアにDJブースを新設!
県内各所で活躍する選りすぐりのDJ陣による音楽を楽しみながら、ゆったりまったりできるスペースが初お目見えですよ!

ステージ前で疲れたら、ぜひDJのセレクトに合わせてChillしちゃってください!

出演DJ紹介

LIGHT-ON SUPER-DISCO

LIGHT-ON SUPER-DISCO 毎年サウンドシステムで重低音で踊らせてくれる彼らが今年はカフェラウンジでDee-Jayとして登場!
いつもとはひと味違う、ラウンジでレゲエを流してくれます!レゲエにはこんな表情もあるということを新たに発見させてくれるはず!

echo(伊藤/RIPPER/ハル)

echo(伊藤/RIPPER/ハル) 地元三条出身のRIPPER君も所属するDJクルー!
DJとしてそれぞれ活動していた3人が集結し、新潟市を中心に、場所を変えながら不定期で活動中。誰もが楽しめて元気になれる、グッドミュージックを提供してくれます!

KING DUBBBY I

KING DUBBBY I 長岡で越後の文化を発信し続ける、たつまき堂の店主が自ら機材を持ち込み、プレイ!
ジャズ、ソウル、ブルース、レゲエから日本のマニアックな音楽まで網羅した店主のプレイは必聴です。

DJ Igarashi

DJ Igarashi 長岡の由緒あるお寺、龍穏院の住職で、今回のライブ出演者、英心とも親交のあるDJ Igarashi。
ヒップホップを中心にチルで宇宙観漂うプレイがとっても気持ちいい!


今年の三条楽音祭では、ぜひぜひカフェテラスで流れる、新潟のDJプレイもお楽しみください!

出演者情報はこちら!