2018年 三条楽音祭、ご来場ありがとうございました!

今年で10周年を迎えた三条楽音祭は20189月9日、無事に終了しました!

途中、雨に降られもしましたが、最後には雨もあがり、会場中が音に合わせて体を揺らして、音楽を、この空間を存分に楽しんでいました。

出演者、出店者、そして、雨の中ご来場頂いたみなさま、本当にありがとうございました!

みんなで作った、1年に1度の楽しい空間と最高の時間に乾杯!

来年は11年目。
10年という節目の年を超え、これからも続く三条楽音祭にぜひご期待ください。

また1年後にお会いしましょう!

三条市下田地域、中浦ひめさゆり森林公園で。

またね〜!


撮影:アリモト シンヤ(Shinya Arimoto)


<2018.9.11追記>
来場者数の集計が終わり、今年の三条楽音祭来場者数は2,400人でした!
途中、激しい雨にも降られ、足元も悪い中、会場まで足を運んでくれた皆さんのおかげで三条楽音祭10周年を大盛況のうちに終了できることができました。
感謝しかありません!
ありがとうございました!!

いよいよ明日は三条楽音祭!

さあ、いよいよ明日は10年目の三条楽音祭です!

予報は雨から曇りへ変わったり、曇りから雨へと変わったりしましたが、果たして当日、どうなるのでしょうか?

いやいや、きっとだいじょうぶ!
雨なんて降らないはず!!
 
とはいえ、天気は変わりやすいもの。
雨対策はしっかりと!

ただ雨が降ったとしても、きっとそれも楽しい思い出になるはず!

ポンチョを着て、雨の中音楽を楽しむのも野外フェスらしい一面。
ひとつの思い出としてより強く記憶に残りますね〜◎


しかも三条楽音祭は、音楽だけではありません。地元のお店が集まったご飯屋さんや雑貨店や洋服店。
他にも燕三条の地元産業を活かして金物を使ったワークショップなどもあります。


また、当日はスケボーランプが出現!
スケボー初心者でも経験者でも、誰でも遊ぶことができます。
(雨天だと中止の場合もあります)


さらにライブ中にはペインターが会場の雰囲気を感じて描くライブペイントも。
この日にしか描けない唯一無二の作品です。


このように音楽はもちろん、違う側面でも楽しめる一年に一度の三条楽音祭。
しかも今年は10周年。無料フェスなのに豪華な出演者!

「雨だから」と来ないのはもったいない!!
明日、ヒメサユリ森林公園であなたとお会いできることを楽しみにしています!

さあさ祭りだっ!
思いっきり遊べ〜〜!!!

 

三条楽音祭10周年記念Tシャツ販売!

さ〜あ!
間近に迫ってきた三条楽音祭!
皆さん、準備はいかがですか?

今年はなんと、三条楽音祭10周年記念Tシャツをオフィシャルブースにて販売します!手に入るのは9月9日、三条楽音祭当日のみ!

色は黒と白の二種類、サイズはS〜Lの三種類をご用意しております!

デザインは胸ポケットに数年前までデコレーションを担当してくれていた元BB STONEのアニーキが作った「楽しい 音」を意味する「IRIE MUSIC」ロゴ!


バックプリントには2017年のライブペイントでYuki Yokoyamaが書き上げた傑作、「大蛇」!
会場の下田は雨生ヶ池(まごいがいけ)という池の大蛇伝説が語り継がれる地。
そんな前情報を一切知らなかったYuki Yokoyamaが何かを感じて描きあげた奇跡の作品です。


そして、後ろの首元には三条楽音祭10thのロゴと開催日の日付が。


当日限定で、黒、白合わせてたった40枚だけの超限定販売。
気になるお値段はなんと破格の2,000円!!

販売は会場のバンブーテント横にある、物販ブースにて。

10周年にあたる今回開催限定のTシャツです。
是非手に取って見てくださいね!

【特別協賛のご紹介⑦】ROOTS ROCK SKATE 様

ROOTS ROCK SKATEは今年7月、長岡市南町にオープンしたてのスケートボードショップ。
サウンドシステム「CREATION TROOPS」の主でもある店主が長年のスケボー歴で培った経験とセンスで選りすぐりの一品を揃える新進気鋭のショップです。


また、長岡スケートボード推進委員会のメンバーでもある店主は、一昨年から三条楽音祭でスケボーランプを創作し、長年スケボーに親しむ人からスケボー初心者のキッズまで、みんながスケボーを楽しめる環境を提供してくれている張本人です。


今年ももちろん三条楽音祭にスケボーランプは健在。
経験者だけではなく、初心者でも滑りに行けばウェルカムな雰囲気で迎え入れてくれますよ!


お店の紹介に戻ると、ROOTS ROCK SKATEには店主がセレクトしたスケボーやスケボーのパーツ(デッキ・トラック・ウィール・ベアリング・ビス)が選りすぐりの物だけ、揃っています。
ハイブランドなスケボーはどれもこだわりの逸品ばかりで、目移りしてしまうこと請け合い。毎日、地元のキッズやスケーターで賑わっています。



スケボーだけではなく、セレクター (SELECTOR)やNIKE ACG、WU WEAR等、ハイブランドなアパレルや、フットウェア、が揃っていたり、


セレクターでもある店主が選びぬいたレゲエのレコードが置いてあったり、と、何時間いても飽きないお店になっています。

更に、夜はお店の奥で(ときどき)BAR営業も!
長岡の新しいカルチャー発信基地として今後、要チェックのお店となっています。

そんなROOTS ROCK SKATEは今年の三条楽音祭でスケボーランプ脇で出店し、スケボーの販売を行います!

実は先日、、、お店に泥棒に入られたばかり(!)


見るも無残に割れたガラス…けしからん!!!

これからの新潟スケボーカルチャーを背負って立つだろう、素敵でかっこいいお店と店主。
泥棒に入られてもめげることなく、精力的にカルチャーの発信に邁進しています!
ぜひぜひ三条楽音祭の出店ブースにも、実際の店舗にも立ち寄ってみて下さい!


ROOTS ROCK SKATE

住所:〒940-0081 新潟県長岡市南町1-9-6 コーポ信濃107
open:13:00〜20:00
※時々20:00からBAR営業
Instagram

【特別協賛のご紹介⑥】有限会社永塚製作所 様

有限会社永塚製作所は、清掃用のトングやガーデニング、アウトドア用品などを製造しています。大正初期に永塚工場として創業。以来、三条の地でものづくりに励んできました。


数ある商品の中でも注目を集めているのが、「MAGIPマジップ」(マジックグリップ)。薄い紙のような掴みにくいモノや濡れたり汚れたりした品物でも楽々持ち上げることが可能なこの商品。秘密は、魔法のグリップにあります。特殊な形状のシリコン樹脂でできているので、力いらずで簡単に持ち上げられる一品です。長時間使っていても疲れないので、河川や街の清掃活動でも活躍してる優れもの。


MAGIP キッズ」と子供用の商品もあるので、家族分を購入して一緒にゴミを拾うのもいいですね。オンラインショップでも購入可能。こちらのページからご覧ください。


また海岸の美化活動として、BEACH CLEANという清掃活動にも力を入れています。この春には神奈川県鎌倉市の材木座海岸で開催された『GREENROOM FES BEACH CLEANUP & LIVE』のビーチクリーンナップの運営をサポート。このイベントは「フェスに行く前にビーチをキレイにしよう!」と昨年から開催されています。永塚製作所はこのイベントにてMAGIPを貸し出すといった形で協力。みなさんMAGIPを使い、細かいゴミもたくさん拾ってくれたそうです。

永塚製作所は、三条楽音祭にて「廃材ミラーボール作り」といったワークショップを予定しています。ミラーボールを身近な材料で作ります。子供と一緒に作るのも楽しそうですね!この機会にぜひ体験してみてください!

有限会社 永塚製作所
住所:三条市塚野目6-9-1
電話:0256-38-8275
https://www.eizuka-ss.com

【特別協賛のご紹介⑤】OFFICE ATOM 様

OFFICE ATOM は⾚坂、川越、燕三条に拠点を置く、フォトグラファー宗村亜登武の事務所です。
今回の三条楽音祭では food × photo をコンセプトに「かに⾷堂」とコラボレーションして出店。
⾷べている時の楽しい笑顔を写真に残すという体験を、みなさんと⼀緒に作り上げたいと思い企画しました。

提供するfood にもこだわり、今回は南印度⾵の本格カレーと、希少なグリーンコーヒーを使ったノンアルカクテル、フルーツを贅沢に使ったアイスティー、グレナデンを使ったピンクのジンジャーエールなど、⾒た⽬にもワクワクして笑顔になれるメニューを提供します。

お⾷事、飲み物をご購⼊していただいた⽅、または他の店舗で⾷べ物、飲み物を買っていただいて、まだ⼀⼝も⼝にしていない⼈に限り、当テナントスペースにて記念撮影を無料でサービスいたします。

お⼿持ちのスマートフォンで撮影いたしますので、SNS をやられている⽅はぜひフォトグラファーの亜登武に撮ってもらい、最⾼の笑顔を世界中に発信していただければと思います。

最⾼のロケーションで、最⾼の⾳楽を聴きながら美味しい⾷事の最初の⼀⼝。
必ず⼼に残る⼀枚となるでしょう。

【特別協賛のご紹介④】株式会社タダフサ 様

株式会社タダフサは、昭和23年に創業。家庭用や本職用庖丁、蕎麦切り庖丁、漁業用/収穫用刃物など心を込めた手造りにこだわって製造してきました。


創業以来、「本当に良いもの」を提供すべく、全ての商品が職人の手作業で一つ一つに心を込めています。


製造する商品は様々ですが、タダフサを代表する「パン切り庖丁」は一品。一度、パンを切るとわかるのですが、切り口が滑らかでパンくずはほとんど出てきません。中々切ることが難しい柔らかいパンですが、タダフサの庖丁はストレスなくスッと切れます。

もちろん家庭でよく使われる「万能庖丁」も。肉や野菜、果物を切るときに重宝するふだん使いの庖丁です。

他にも魚をさばく際に使用する「出刃庖丁」や、刺身を作る際に使用する「刺身庖丁」など用途によって使い分ける一本も製造しています。


そんなタダフサでは、庖丁/刃物の製造現場をまわる工場見学を実施しています。また研ぎ直し庖丁を持ち込んでご自身で研ぎ直し、または郵送で庖丁を送れば、タダフサ側で研ぎ直しをしてくれるサービスも行なっています(有料)。

庖丁に関して何か困ったことがあれば、ぜひタダフサにお問い合わせください。
庖丁の購入は直営店のファクトリーショップ(http://www.tadafusa.com/info/shop/) または、オンラインショップ(http://www.tadafusa.net)にてお買い求めください。

庖丁工房タダフサ(株式会社タダフサ)
新潟県三条市東本成寺27-16
公式Webサイト:http://www.tadafusa.com

【特別協賛のご紹介③】佐渡汽船商事株式会社 様

佐渡は四方を海に囲まれる食の宝庫。海の幸はもちろん、山の幸、米や野菜も豊富です。また朱鷺が舞い、豊かな自然が残る島でもあります。


そんな佐渡への連絡口である佐渡汽船。そのターミナルとカーフェリー船内でのお土産品の販売、食事の提供を担うのが、佐渡汽船商事株式会社です。

新潟港万代島ターミナルの待合室には早朝5:30から営業している立喰ソバコーナー「しおさい」をはじめ、新潟・佐渡のお土産品が購入できる新潟売店も営業しています。


またお弁当を提供するサービスも行なっています。定番の幕内弁当はもちろん、新潟の食材を使ったお弁当まで。団体でのお客様限定となるようですが、佐渡旅行を楽しむ際には検討してみてはいかがでしょうか?

他にも佐渡汽船商事株式会社では、新潟港万代島ターミナル内の会議室や5階大ホールの貸し出しサービスも実施しています。大人数での会議や催し物の際にはぜひご検討ください!


四季折々で全く異なる顔を魅せる、佐渡。これからの季節は見事な紅葉が出迎えてくれます。佐渡汽船に乗船し、ぜひ一度出向いてみてはいかがでしょうか。


佐渡汽船商事株式会社

〒950-0078 新潟県新潟市中央区万代島9番1号
TEL 025-245-0211

http://sadokisensyouji.jp

【特別協賛のご紹介②】生活共同組合コープにいがた 様

生活共同組合コープにいがた」は、宅配事業・共済保険事業・サービス事業、その他と幅広い分野において事業に取り組んでいます。

宅配事業は、ご自宅まで食材やミールキット(※)、日用品を届けるサービス。仕事や育児で忙しく買い物に行く時間がない方や、安心な食材を食べさせたいと願う方、離乳食の準備を手軽にしたい方など育児を頑張る人に支持されています。


また食材がすでにカットされた状態である、ミールキットも一緒に届けていくれるので、時短でパパッとご飯をつくることも。細部にまで気を配ってくれるのが嬉しいですね!


共済事業では、ライフスタイルや家族構成から選べる保障プランを用意。家族や生活に合わせて、最適のプランを提案してくれます。

年齢や性別、家族構成を入力するだけで、最適な保障プランと掛金を出せる、趣味レーションも!気になる方は、ホームページをチェック!(http://kyosai.coopnet.or.jp

また保険事業では、保険に関する相談もできます。コープの保険は、がん保険や医療保険だけでなく、介護保険やペット保険など多数!必要な保険を選んで入ることができます。

サービス事業では、観光施設やミュージカルなどの公演チケットがお得になるチケットサービスや、ふとんの丸洗いやエアコン分解クリーニングがお得になるくらしのサービスも行なっています。

そんなコープにいがたは、三条楽音祭で無料ガラポン抽選会を開催!
コープの人気商品の試食も行うとのことなので、ぜひこの機会に実食を!

暮らしに身近なコープにいがた。何か気になることがあれば、当日いるスタッフに聞いてみてください! 

生活共同組合コープにいがた
HP:http://niigata.coopnet.or.jp

 

【特別協賛のご紹介①】株式会社山谷産業 様

株式会社山谷産業は、オンラインショッピングができる独自サイト「村の鍛冶屋」にて高品質な和包丁やアウトドア用品の販売を行なっています。
扱う商品は燕三条の工業が作る製品もたくさん!
鍛治の本場燕三条で作った鍛造ペグやナイフ、水筒からガーデニングに使う鋏や鎌など幅広い商品を取り扱っています。


最近では三条市に所在するプリンス工業さんとコラボし、缶切り「ゼット缶切」をリブランディング。
元々は昭和20年代後半にプリンス工業 高野社長の祖父にあたる高野善吉氏が考案したことがきっかけ。
世界初のテコ式缶切りの始まりでした。
レトロかわいいデザインで普段使いの缶切りとしてはもちろん、ちょっとしたプレゼントやお土産品にも良さそう。


また山谷産業は、アウトドア用品の新ブランド「TSBBQ」も立ち上げ。「燕三条」の頭文字でTsubame Sanjo BBQと、BBQシーンをスタイリッシュに!と Try Stylish BBQ を掛け合わせ、ブランド名を名付けました。
ダッチオーブンやローストスタンド、ホットサンドメーカーなどアウトドアで使う調理用品をスタイリッシュに仕上げました。

ホットサンドメーカー
そんな山谷産業は、三条楽音祭で鍛治ペグ「エリッゼステーク」や「アルティメットハンマー」といったアウトレット品を販売します。
この機会に人気のペグやハンマーがどんな商品なのか覗きにいってみてください!


株式会社山谷産業(村の鍛冶屋)
公式サイト

村の鍛冶屋SHOP

住所:〒 955-0053 新潟県三条市北入蔵2-2-57
TEL:0256-38-5635
営業時間:10:00~17:00
定休日:日曜・祝日