【今年でなんと10周年!!】三条楽音祭2018開催決定!

市と街の若手が作り上げる無料の野外音楽フェスティバル「三条楽音祭」の開催が今年も決定!!今年でなんと10周年!

金物の街として知られる三条市で開かれる三条楽音祭。
雨に降られて大変なこともありました。初開催は11月で雪すら降っていました。
だけど、来てくれるお客さま、出演してくれるアーティスト、出店してくれる店舗さん、三条市役所のみなさま、ヒメサユリ森林公園のみなさま、何よりいつも力を貸してくれるスタッフや地元の仲間たちに支えられ、おかげさまの
10周年です!!

過去には(仮)ALBATRUS、鎮座DOPENESS、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団、韻シスト、LITTLE TEMPO、Dachambo、bonobosなど、多くのアーティストに出演してもらってきた三条楽音祭。

昨年はGOOFY KINGLETS、SAIRU、SAKi & the factor、こだま和文&THE DUB STATION BAND、Polarisが出演し、3,100人を動員。2年連続の晴天に恵まれ、大いに盛り上がりました!

過去に実施したアンケートでは
「無料でこんなイベントがあるなんて!」や、
「お金を取ってもいいんじゃない?」
なんてお声を頂いてきました…が、今年も無料で開催させて頂きます!

去年に引き続き今年も色とりどりの飲食・物販出店、スケボーパークやライブペイント、燕三条地域ならではのワークショップなどを鋭意企画進行中です!

市と街の若手が協力して手作りで音楽フェスティバルを作り上げます!
今年も最高の1を用意してお待ちしてます!

開催決定のお知らせを見たら、去年までのフォトギャラリーも見てみてね!
ボランティアスタッフも募集してます!

募金のお願い※
三条楽音祭ではイベント当日、各地の災害に関する募金箱をステージ付近に設置いたします。
頂いた募金については実行委員が責任を持ってボランティア団体OPEN JAPAN様にお届けいたします。
ご協力の程、何卒よろしくお願い致します。

△▼△▼△▼△▼△▼
イベント詳細
△▼△▼△▼△▼△▼△

★☆開催日・時間☆★
2017年9月9日(日)
[OPEN] 12:00
[CLOSE] 20:30

★☆料金☆★
入場無料

★☆会場☆★
中浦ヒメサユリ森林公園(〒955-0113 新潟県三条市中浦143

★☆出演アーティスト☆★

LIVE
Coming Soon…!!

SOUNDSYSTEM
Coming Soon…!!

DJ
Coming Soon…!!

★☆OFFICIAL WEBSITE☆★
https://rakuonsai.com

△▼△▼△▼△▼△▼
注意事項
△▼△▼△▼△▼△▼△

<ご来場方法>
駐車場が少ないため、お車でのご来場は出来ません
駐車場・停留所を用意し、臨時バスを運行いたしますので、臨時バスでご来場ください。
駐車場・停留所・バス運行情報は公式WEBサイトにて随時お知らせいたします。

★☆お問い合わせ☆★
0256-47-0048(三条市役所 生涯学習課)
050-6872-1253(担当:大橋)

<前泊について>
会場はキャンプ場ですが、イベント前日は準備のため、貸し切りとなります。
また、イベント当日にテント泊による混雑を避けるため、前泊はお断りさせて頂いております。
何卒ご了承ください。

三条楽音祭実行委員・ボランティアスタッフ募集!

三条楽音祭は、ボランティアを募集中です!
入場無料の楽音祭は、実行委員やボランティアによる手作りです。
フェス運営に興味のある方やお祭り好きな方、一緒に楽音祭を盛り上げませんか♪
当日だけでも、定例のスタッフミーティングに参加して頂くでも、どちらも大歓迎です!
皆様のご参加、お待ちしております◎

▼お申込みはこちら
http://bit.ly/rakuonsai-vol

まずは、お気軽にご連絡ください!

○三条市役所 生涯学習課
 電話:0256-47-0048 ※午前9時~午後6時
 e-mail:shougaigakushu@city.sanjo.niigata.jp
○三条楽音祭実行委員会(代表:大橋)
 電話:050-6872-1253 ※午後6時~午後9時

第九回三条楽音祭のフォトギャラリーを公開しました!

秋の訪れと同時に開かれた三条楽音祭。
最高に過ごしやすい天気の下、一日限りで開かれたお祭り。
そんな思い出に残る9回目の三条楽音祭のフォトギャラリーを作りました。

みんなの幸せそうな表情や今にも音が聴こえてきそうなアーティストの演奏風景が満載です◎

来てくれた人は思い出アーカイブに。
興味のある人は来年の参考に。

是非ご覧ください!

▼2017年の写真一覧はこちら!!
三条楽音祭公式フォトギャラリー2017


Photo by アリモト シンヤ (Shinya Arimoto)